2009年02月23日

一人餌への切り替え

一人餌への切り替え
はじめまして。
こちらの相談内容は我が家の子(鳥)にも当てはまる事があり、参考にさせて頂いています。
また、このようなページがありとても嬉しく心強く思っています。

私も今とても心配している困った事があります。
白ボタンインコで生後50日くらいの子の事です。
生後24日目くらいの、まだ地肌が見えているような時に迎え育てています。挿し餌をしていましたが、迎えた頃から自分でふやかした餌をついばんだりしていて、比較的早く一人餌に切り替わったように思います。
一人餌の切替時にどんな餌を与えたらよいのかわからず、インコの飼育本にも詳しく書かれていなかったので、購入先の鳥店に聞いたところ皮付きの餌にあわたまも与えるように言われました。
あいにく皮付きと書かれてある餌が買えず、セキセイ、ボタンインコと書かれた餌(皮むきタイプ)を購入し、その餌にあわたまを少し混ぜたりしていましたが、鳥店のアドバイスを読み返して別の容器に入れるのかと思い、今は水、大人用餌、あわたま(こちらは小さな容器です)を置いています。

うちの子は、なかなかケージには入らないのですが、外にいるとず〜っと遊びっぱなしなので、時間をみて中に入れるようにして餌を食べさせているのですが、あまり食がすすんでいるように見えません。
あわたまを別容器で準備してからは食べやすそうにしていますが、あわたまは高栄養のため、これのみでの飼育は不可という旨が書かれてあり、そろそろ大人用の餌を食べられるようにならなくてはと悩んでいます。
『ご飯よりもケージの外が一番!』みたいな子なので毎日が心配です。
ケージで過ごす習慣をつけるため、なるべくケージ内の時間を増やしていますが外へ出した時も糞の様子から餌を食べていないのがわかります。
私が食べているのを確認できるときは、通常の糞に戻ります。
本の特徴からみると、女の子のような気がします。
家に迎えたチビちゃんの時から、凄く元気で活発な子です。

以前は母が何の知識もなくボタンインコを飼い、幸い11年と丈夫に育ちましたが、こんなに小さい時期から育てたのは初めてなので壁にぶち当たってばかりです。

アドバイスをよろしくお願い致しますm(_ _)m
【エレ♪ 様】
:*.; 情報をお持ちの方、アドバイスよろしくお願いします :*.;
このご相談への経験談、情報等お持ちの方いらっしゃいましたら、アドバイスよろしくお願いいたします。みんなで情報交換し合って、より良いインコライフを目指しましょう^^
posted by at 19:12 | ▼アドバイス(7) | インコの飼育法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この相談へのアドバイス
エレ♪さん、こんばんは。
ボタンインコのヒナヒナちゃんをお迎えされたのですね。可愛いでしょうね。
鳥さんの飼育法はさまざまなことが言われていたり、本やネットでもいろんな情報が氾濫していて、飼い主としては正直迷ってしまうところですよね。
また同じ種類の鳥さんでも個体差があって、「これは良くない」と言われている飼育法で育てていても長生きする鳥さんがいたり、オーガニックのゴハンなど細心の注意を払っていても若くして亡くなる不幸な例もあります。
ですのでなかなかこれが正しい!と断言できるお答えはできないのですが、ちょうど最近我が家でコザクラインコのヒナをお迎えし、挿し餌から育てましたのでその時の状況を踏まえたうえでお答えいたします。

ご相談の内容を拝読しますと、切り替え時の方法としてはとくに間違ってはいないと思うのですが、ただ粟玉のみを食べているのは心配ですね。通常ですと挿し餌が終わった頃からすこしづつ自然に粟玉から通常の皮付きの餌を食べるようになります。ご相談のボタンちゃんは生後2ヵ月弱経過しているということで、遅すぎることはありませんが、やはり3ヵ月目くらいまでには切り替え完了したいところです。
このまま粟玉のみ食べ続けますと、おっしゃるように栄養のバランスが悪く病気のもとになりかねませんので早いうちの切り替えが望ましいです。
とはいえ、急に粟玉を与えず大人餌だけをあげるというのは、まかり間違うと「餓死」を招きますので、じょじょに皮付き餌に切り替えていくようにしてください。大人餌を3分の1・・・2分の1・・・とだんだん増やし、それに応じて粟玉を減らしていくのがいいと思います。ひとつ提案としまして、いま別容器に入れている粟玉のほうにも大人餌をすこしいれてみてはいかがでしょうか。頭のいい鳥さんですと上手にのけて食べるコもいますが、それでも一粒二粒くちに入れば、味に対しての抵抗も少なくなってくるでしょう。
ところで大人餌に関してですが、やはり近いうちに「皮付きタイプ」に切り替えたたほうがいいと思います。皮むきタイプですと必要な栄養素が不足しますので良くありません。すぐにどうこうなるわけではないと思いますが、成長と共に様々な問題が起きる可能性が高いです。お近くのペットショップで手に入らないということであればネットでの通販もあります。また、ペレットを主食にしようとお考えでしたら今のうちに慣れさせておいたほうがいいです。ペレットは好き嫌いがありますので中ヒナのうちに慣らしておくと比較的スムーズに移行できます。もしもネット通販に不慣れでコワいなどの心配があるのでしたら、着払いが可能なお店をお教えしますのでメールください。

それにしてもお母様が育てたボタンちゃん11年とは長生きでしたね。無事大人餌への切り替えが済んだら、大先輩のお母様にその後の飼育法をお聞きすれば安心ですね。僕もお聞きしたいです(^^)

僕の乏しい経験からはこの程度のアドバイスしかして差し上げられませんが、次回のメインブログの記事中でみなさまにも呼びかけしてみますので、そのときにまた経験豊富な方からアドバイスいただけることを願ってます。

エレ♪さんのお家のボタンちゃんが元気に長生きしますように(^^)
Posted by バードマン at 2009年02月23日 19:46
エレ様、管理人様、初めまして。
ビッキーと申します。初めてコメント致します。
2年前に19歳でボタンを見送りました。
現在はマメルリハ、ウロコ、オカメと暮らしています。

エレさんのボタンちゃんのケージは大人用ですか?
幼いうちは小さめのケージかキャリーで止まり木を付けず、
床に餌を撒いてみる方法もあります。
そうすると遊びながらついばむ事もあります。
我が家の場合、普通の皮付きや粟玉、
ペレットを細かく砕いた物等を撒いておくと
いつの間にか結構な量を食べていました。
ただ、糞が付いてしまうので
まめに敷き紙を交換しなければいけません。
粟穂などを転がしておくとボタンは好奇心が旺盛なので(笑)、
遊びながら食べるかもしれません。

もし、今になってケージを変える事が難しいのであれば
餌入れをとにかくいろんな所に取り付けてみてはいかがでしょう。
放鳥中も足元に皮付きを撒いてみたり、
顔の近くに餌入れを見せてみたり、
粟穂を目の前で少し振って遊ばせてみたり。
とにかくあの手この手で「餌」と言う物を意識させて見て下さい。
ボタンは自立心が強いですから、意外とあっさり食べてくれる様になると思うのですが。

出来れば落ち着くまで毎日体重を測ってみると、
きちんと食べられているかどうかの確認になります。
あまりに体重が増えない場合は病気も怖いですから
健康診断もかねて病院で診ていただくのも必要かもしれません。
今のうちに主治医を決めておくととても心強いです。

そして…1番気になったのは放鳥時間です。
まだヒナのうちに遊ぶ事ばかりを覚えてしまうと、
食べる事よりも遊ぶ事が楽しくて、
そちらを優先してしまうのです。
今から決まった時間に放鳥する事に慣れさせた方が
良いんじゃないかな…と思いました。
放鳥時間が長いと事故の危険も多くなりますし。
特に今は体を作らなければいけない大事な時期です。
初めは「出して〜」とせがまれて可哀相に思ってしまいますが、
賢いボタンちゃんならすぐに受け入れてくれると思いますよ。

以上、ご参考になれば。
ボタンインコが大好きなのでついコメントしてしまいました。
エレさんのボタンちゃんが健やかに育ちます様に…。


Posted by ビッキー at 2009年02月24日 23:03
バードマンさん、ビッキーさん
アドバイス有難うございます。

一昨日、殻付餌とペレットをいくつか試食も兼ねて注文しました。大好きな餌がみつかれば良いなと思います。
昨日は放鳥時、自分からケージの中へ餌を食べに何度か入っていきました。良い傾向だと思うのですが。
餌は直接命に関わる事なので、ご相談申し上げましたが。。。ご指摘の通り、放鳥時間が長いのではと反省の日々で悩んでおりました。
出せ出せアピールはず〜っと諦めずにやり続けますし、心を鬼にして我慢させているせいなのか何なのか?噛み噛み攻撃がすごくて凶暴になってきたように思います。(もう手遅れでしょうか。。。泣)

昔飼っていたセキセイ、白文鳥は、5年を過ぎると亡くなっていた為、母が飼っていたボタンインコは凄く長生きと思っていました。母の子(鳥)育ては本やネットで見るものの真反対で私とは度々衝突です。
私も結構『親ばか』ですが母は孫に甘いばあばといったところでしょうか。
でも耳を噛んだり皮膚の柔らかいところを噛まれるので家族で困り果てています。(あ!話がそれてしまいましたね、ごめんなさい)

ビッキーさんのボタンインコちゃんが19年って凄いですね。憧れです。
私もそんな風に育てられたらいいなぁ〜と思います。

これからも是非ご教示お願い致しますm(_ _)m

Posted by エレ♪ at 2009年02月25日 15:45
おふたかたが詳しくアドバイスなさっていたので、その他の気になった点だけを。
ボタン3羽の母してますmiw.です。
ひょっとしてエレ♪さんのシロボタンちゃんは、ケージを寝る場所と認識しちゃったんじゃないでしょうか? 寝る場所だと餌は食べないし(外で食べるものと思いこんでいる)、フンもしません。フンは寝る場所ではしないのがボタンインコなので、ケージで我慢していた分外ででっかいの(汗)しちゃうと思います。
2ヶ月目くらいの子だそうなのでもう飛べるようになるでしょうから、この際、経済状況が許す限り大きめのケージを買ってここかボタンの生活の場だと教えて、生活サイクルも一新してやりなおしてみてはいかがですか? まだ子どものボタンなので充分間に合うと思いますよ。
Posted by miw.@dangobird at 2009年02月25日 18:00
miw.さん、アドバイス有難うございます。
ボタンちゃん3羽ですかぁ〜可愛いですね(^^)

実は、うちの子ですが、このケージで夜寝た事がないんです(;;)
以前そろそろケージで寝かせよう!と思い試みたのですが大パニックで、なかなか落ち着かないので断念してしまいました。
その日は母に留守番を頼んで、私は仕事のため1日家を空けたのが初めてだったので、夕方私の顔を見て興奮してしまったのかなと思ったりもしました。いつもは寝る時間でしたが落ち着くまで少し遊んであげたら(肩に乗っているだけでしたが)いつものように寝てくれました。
以前のボタンは丸籠を使っていましたが、おもちゃとか入れられない感じだったので、今回は大き目のケージを用意したのですが、おもちゃとかはまだ興味がなさそうで。
ケージへ入れようとすると踏ん張っています(^^;
この大き目のケージは生活の場として、寝る時はもう少し小さいのを用意した方がいいんでしょうか?
以前のボタンは1つのケージで大丈夫だったのですが。。。
同じボタンインコでも違いますね。
Posted by エレ♪ at 2009年02月26日 19:31
同じボタンでもいろいろ性格が違いますが、そこが楽しいですよ。
さて、ケージでパニックになるということはシロボタンちゃんにとってケージはまだ怖い所なんですね。一度怖い思いをすると根気がいるかもしれませんが、ケージは怖くなくて楽しい所だと教えてあげましょうか。
ケージの扉は開けっ放しでケージの中にはおいしいものを、おもちゃを怖がらないならお気に入りのおもちゃをいれて、シロボタンちゃんのそばに置いておきましょう。

時にはおいしいもので釣って(笑)ケージの近くまで来たらほめてあげましょう。
ケージの近く(あるは中に)おいしいものがある、餌付けがいいと思います。

ちょうど一人餌の移行時期との事ですから、餌も水もケージで取るように躾けましょう。1時間や2時間では餓死しませんから、それくらいたっぷり外で遊ばせて(もちろん外では餌も水もなしです)、ころあいを見計らってケージに餌をセットして様子を見てはいかがですか? シロボタンちゃんの目の前で餌と水をケージにセットして餌があることを教えてあげてくださいね。餌よりも水が欲しくて案外ケージに入るかもしれません。

ただし、夕方には一度体重を計って体重が落ちてない事を確認してください。大人の餌を充分食べていないようなら、夕方に食べ慣れた餌を充分与えてくださいませ。


また、ボタンはその子の性格や性別によりますが、物の中に潜ると安心する子が多いようなので、ケージにバードテントや古い厚手の靴下などをいれておくといいようです。

ケージで寝ていないのならいつもどこで寝かせていますか? 雛用のケースですか? まだ寒いなら無理じいはせずに3月になって暖かくなってからケージに寝かせてもいいと思いますよ。

時には飼い主の毅然とした態度も大切です。シロボタンちゃんがあまりわがままを通すようなら、シロボタンちゃんを床にそっとおろして(ケージだとパニックを起こすそうなので、ふたを開けたプラケースの中におろしてもいいかもしれません)エレ♪さんは後ろを向いてください。振り向いてはいけませんよ? シロボタンちゃんが落ち着くまで本でも読んでいましょう(笑)。シロボタンちゃんが落ち着いたら、そこで振り向いてあげて静かであったことをほめてあげましょう。鳥にも躾は大事だと思います。

雛を育てるにはじっくり時間をかける事です。どんな生き物もコドモは手がかかります。これからの長い時間、シロボタンちゃんにとってエレ♪さんがベストパートナーでいられるように、ここはひとつ手を抜かずどーんと構えて育ててあげてください。
Posted by miw.@dangobird at 2009年02月26日 23:33
miw.さん、有難うございます。色々と勉強になります。

うちの子はかなりの頑固者のようです。
一筋縄ではいかないので、私の方が根負けしそうですが。。。頑張ってますよ。あの手この手で。
ただ、うちには甘やかしのばあばがいますので母は辛いですね。最近は...形勢不利です(泣)

注文していた餌は、殻付き、ラブバード用ブレンド、ペレットと一通り食べられるようですが、餓死防止のための『むき粟』が一番食がすすんでいるようです(^^;

これからも宜しくお願いします。
Posted by エレ♪ at 2009年02月27日 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。