2009年01月10日

なかなかケージにもどってくれません

なかなかケージにもどってくれません
はじめまして。初めて投稿さしていただきます☆
実は、うちのセキセイインコのジャック(生後3ヶ月位)が、なかなか放鳥の後、ケージに戻ってくれませんどうしたら良いでしょうか。
【ランプ様】
:*.; 情報をお持ちの方、アドバイスよろしくお願いします :*.;
このご相談への経験談、情報等お持ちの方いらっしゃいましたら、アドバイスよろしくお願いいたします。みんなで情報交換し合って、より良いインコライフを目指しましょう^^
この相談へのアドバイス
ランプさん、はじめまして。
ケージになかなかもどってくれないインコちゃんってけっこう多いんですよね。
たぶんこの問題は「これをやればOK!」という答えはないと思います。個体の性格によってそれぞれ対処法が違うというなかなか簡単なようでムズカシイ問題です。

テコでもケージに戻らないコであれば、言い方は悪いですが、なにか「モノで釣る」という方法はどうでしょうか?
豆苗やおやつなどで誘導してあげればインコちゃんによってはつられてケージの中にはいります。

放鳥時間はどのくらいでしょうか?
鳥種にもよりますが、鳥さんは自分のカゴをナワバリと捉えていることが普通です。「ケージ=自分の場所」という感覚です。でも長時間放鳥されるインコちゃんですと、「ケージの外=自分の場所」と思ってしまう場合があり、そうなるとカゴに入れられるという行為は「閉じ込められる」嫌な事でしかありません。この場合、なかなかカゴに戻ってもらうのはムズカシクなります。

ちなみに我が家の鳥さんたちの場合、やはりそれぞれの個性が出ます。
ぴーちゃんとむうちゃんは、遊び足りないとき以外は割りと素直に入っていきます。遊び足りないときは戻りませんが(^^;)
ぴーちゃんは昔、自分でケージまで移動して入っていきました。
問題はこげちゃんで、まず自分から素直に入るということはありません。最後はいつも大捕り物で、結局捕獲(やさしくですが)してケージに戻ってもらいます。

やはりこの問題は鳥種、環境、性格によってそれぞれですので、ジャックちゃんをよく観察して、一番しっくりいく方法を探していくしかないかもしれません。

他の方から別のアドバイスがあることを願ってます。
Posted by バードマン at 2009年01月10日 16:48
ありがとうございました^^もしかしたら放鳥時間が長すぎるのかもしれません★これからは気をつけながらなおるまでは今までどうり捕まえていかなければ仕方ないと思います(>x<)がんばります。
Posted by ランプ at 2009年01月11日 21:59
こんにちは。
バードマンさんがおっしゃるとおり、おうちに帰る=良いことがある、と教えるのが一番良いかと思います。そして、やはり一番良いのはとっておきの大好物を見つけてそれを利用するのが有効かと。

まず、おいで、と声をかけて、大好物をあげる、ということを繰り返してみてはどうでしょう。インコちゃんは賢いので、すぐ覚えると思います。これで、声がけと大好物が何となく関連付けられると思います。
それから、ケージに入れるときも、
「おうちでおいしの食べる」(などの決まり文句を決めておいて)
と、声をかけて大好物を与える、ことを繰り返すと、少なくとも、ケージへ帰ることがいやではなくなると思います。とりあえず、自分からケージに入らなくても、ケージに帰ることがいやではなくなる、ということが第一歩、で良いかと思います。

ひとつ、うちで気をつけているのは、大好物は、特別なときにしか与えない、ということ。いつでも食べられない、特別のものにしておくことで、色々、トレーニングにも役立ちます。
うちは、普段ペレットなので、「特別なエサ」にはカナリヤシードを使っています。これは、普通の小鳥用シードにも含まれている、細長くて中身が黒い種で、これまでの小鳥飼育経験(といっても今のオカメチャンの前は○十年前に、セキセイインコや文鳥、十姉妹なんですが)では、ほとんどの小鳥はカナリヤシードが大好きでした。

うちは、カナリヤシードで、「お手」(片足を指に乗せる)、「ほしい」(うなづく)、「万歳」(羽ばたき)を覚えました!

注意すべきことは、大好物だといってあげすぎないこと!小鳥が好きなエサは、多分栄養もたっぷりなので、あげすぎると、ほかのエサを食べなくなったり、太りすぎたりの弊害があるかも知れません。うちでは、ケージに戻すときも、エサ箱に2−3粒入れるだけです。
Posted by mimiusagi at 2009年01月13日 11:24
我が家でもずっと以前はカゴに戻すのが大変で、困っておりました。

12年ほど前からオカメを飼い、その頃愛読していたオカメインコのマンガで
想像以上に賢い事を知り、言って聞かせる作戦を実行しました。

直ぐに結果は出ないので根気が必要ですが、結構理解してくれるようになりました。
気が向かずに言う事を聞かない時でも、話しかけ、説得に努めました。
すると渋々でもカゴに戻るようになったのです。

その後、セキセイも飼い始め、最初にヒナで来たコは現在二歳を過ぎましたが、
一度もカゴに戻す苦労はありません。
たまにカゴに戻るのは嫌だ!とごねる事がありますが、そんな時も理由を言って聞かせ、
納得してもらってます。

余談ですが、三ヶ月ほど前にショップで処分寸前だった荒のセキセイを引き取りました。
最初は恐がって餌も食べず、とても心配しました。
が、徐々に馴れ、掃除の度に差し入れる腕を恐がらなくなり、今日など片足を乗せて
きたんですよ。
もう直ぐ二歳になる鳥さんなので、慣れなくて当然と思っていました。
このように馴れた要因は、やはり毎日の話しかけだったと思うのです。
鳥に人間の言葉が通じる訳ではないでしょうが、雰囲気で理解しているんでしょうね。

長くなりましたが、少しでも参考にして頂ければ嬉しいです。

Posted by ひぐち at 2009年01月13日 13:22
ありがとうございました^^好物作戦と言い聞かせ作戦やってみます(>v<)
Posted by ランプ  at 2009年01月16日 23:53
私がやっている方法です。

@インコを手に止まらせる。
Aそ〜っと、電気を消す。
B手探りでかごの中にインコを入れる。

注意!!
@2人がかりでやると、いい。
 (電気を消す役、入れる役)
A夜じゃないとダメ
B電気を消して、鳥が飛んだら、
 電気をつける。(やり直し

ちなみにウチは、1人でやっていて、
電気を消す直後に逃げられます。。。
Posted by ピーチル at 2009年06月28日 11:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。